Home > 2008年10月

2008年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

11月21日から、山崎道展。

michisan.jpg


山崎道さんの個展
11月21日(金)~29日(土) 11:00~18:00
アトリエ倫加
tel.088-822-1146

美術作家の道さんが、DMを届けて下さいました。

近年は金属工芸にも力を入れていらしたのですが
今回は平面なんですね。
あ、でもこれは何かくっつけているのか?
倫加さんのギャラリーと一体になって
今回はどんな魅力を放つのでしょうか。
拝見してまたレポートしますね。
それよりも皆さん、是非ご覧ください。素敵ですから。
山崎の「さき」がこの漢字じゃないんですよね。
ご免なさい。文字変換できなくて。

あと3週間を切りましたね、道さん。
風邪ひかないように、追い込み頑張って。

12月を楽しみに頑張る!と言った道さんに
何かあるんですか?と言うと
忘年会の約束!と言われ、ああ、そういえばもうそんな時期
と言うより、先週その約束したんですよね。楽しみですね。
この時期いつも忙しくて
全部の忘年会には参加できないけれど
毎年誘ってくれるみんなに、ほんとは感謝してるんです。

私も来週の休日は返上、という事が決定したので
頑張ります!




  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

何処か。

smish02.jpg


もー年末追い込み仕事なんか終わっちゃいましたよー!
なんてあちこちで豪語していた割に
そうでもなかった私。

何も考えないで、どっか行きたいなあ。

とりあえず、でも、仕事終わらせないとね。


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「聖地巡礼」開展式。

nomachi.jpg


本日開展の野町和嘉写真展「聖地巡礼」
案内を頂戴しまして、開展式に列席してきました。
朝イチで。

本展覧会担当学芸員Kは
「こんな早朝からで悪いねえ」と気遣ってくれましたが
朝イチと言っても10時なのに・・・。

会場では美術作家やデザイン関係の友人、先生方や
館の皆様にも、久し振りにご挨拶や世間話ができたし
華やかな場はやはり楽しいですね。

今回の展覧会は、迫力あります。
高知ご出身の野町氏が、35年にわたって
過酷な風土や、信仰と共に生きる人々を
敬意の眼差しでとらえ続けた190点の写真。
展示室は作品点数も色彩も、ぎゅーぎゅーです。

ゆっくり観ていると、色々考えてしまいそう。
今あまり色々考えたくない私は、改めてもう1度行くつもり。

今日から12月14日(日)迄、高知県立美術館で。

今日は、朝4時に寝て5時半に目が醒めて
眠れずそのまま展覧会を観に行ったので
かなり眠い。



  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

よく覚えてないけどあれは多分夏のはじめの頃。

yoake.jpg


初めて1人で徹夜した明け方は
こんな空でした。

誰もいない街、誰もいないビル、誰もいない部屋
そんな感じの、ひっそり、1人の夜
明るくなってきた窓の方を見て、手を止めて
屋上へ出て、記念に撮った。
これから先、何度でも、こんな朝がくるんだ、という
覚悟めいた気持ちが
したのを覚えています。

いつの間にか、どちらかというと、どちらかといわなくても
私は断然、朝が苦手。
今は明け方の空を、寝る前によく見ます。
明るい今日がやってきた、おやすみ。という感じ。


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

写真が無いと伝えづらいけど仕方ないカメラが壊れたから。

カメラを持っていなかったので。
と書いたことが何度かありましたが
今日からは違います。
カメラが壊れました。

数日前に、んー、壊れたっぽい、でも
もしかしたら何かの間違いかもカメラの気紛れかも
などと思って休ませていたのですが。

昨夜は竹林寺音楽祭でした。
青く見える冷えた空気の中、くねくね山道を車で走るのは楽しい。
喜んで1度上がってまた下山していると
現地集合の筈のmから「乗せていって」とメール。
寝不足と日中の疲労で、自転車で上がるのは辛かったらしい。

夢々しい沢山の大小の色とりどりのキャンドルで
ロマンティックに演出された寺。
普段ならここで写真が入るところです。きれいでした。

ゲストはコトリンゴとナオミ&ゴロー。
どちらも初めて聴きました。
温かい庭、って雰囲気でgirlishなコトリンゴさんの歌声とピアノ。
昼間、快晴の下で聴きたいナオミ&ゴローは落ち着いてて大人で
ナオミさんの発音は気持ちよく、私の好みでした。

ライブ前の、ご住職含めた僧侶の読経が良かった。
焚かれたお香も甘くて。
昔、研修旅行先で、東大寺の修二会に行った夜の凍った空気と
数えきれないほど大勢の僧侶の足音と大合唱を思い出した。
荘厳な別世界。
外人が仏教に憧れを抱く気持ちがわかる。

仏教万歳じゃなくて、今日は音楽祭のことなんですが
しかしこう文字だけでは、雰囲気をアバウトに伝えることが
難しいんですねーというのを感じます。
ある程度の文章表現力は不可欠ですが、まあ、ライターじゃないしね。
写真ってだいじです。



  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

昨日、今日、ビュンビュン系。

akizora02.jpg


秋ですなあ。
少しずつ冷たそうになっていく川の水が、良い眺め。

川沿いのtable galleryでは
ヨーガン・レール「赤」展が最終日でした。

ギャラリーいっぱいの様々な赤は
色見本で見慣れた赤とはまた違う。
力強く温かく厚い、そこに「人」を感じる赤。

昨夜はオヤジ会でしたが
またカメラを持ってなかったので、写真なし。
名前通り、華やかにオッサンばかり集まりました。
興味のあるかたは
may会長または某ステンドグラスのblogでどうぞ。

久し振りにビールが美味しかった。
ハイボールを、1次会の店の人は知らなかった。
でも無理矢理つくってもらった。


daisya.jpg


今日から数日間、NISSAN NOTEに乗ります。
車検の代車。
さすが低燃費系でビュンビュン系。元気に走るー。
アクセルちょっと踏んだらビューって走るー。
ぐいぐい踏み込まないと走らない私の車と同じかんじで踏むと
かるくスピード違反してしまいます。

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

使いつづける。

REGAL01.jpg


とくにREGALが好きという訳ではありませんが

靴紐をまとめる紙の帯にも外箱にも

イメージカラーでロゴが入っていて

紐は2組4本で350¥という良心価格設定なのに

やるもんだなあ。

イメージは、デザインは

大切にされるところでは、本当に大切にされているんだなあ

と思いました。


REGAL02.jpg


多分あまり何も考えずに買ったので

いつから履いているのか覚えてない、REGALの靴。

長いブーツや遊びっぽいブーツは合わない、という時の靴。

紐が切れる寸前だったので、替えました。

他の何足かのブーツも同じように、紐を替えながら履き続け

どれも、何年履いているのか覚えていません。

消耗品がいつでも買い足せるとか、替わりがきくとか

そういうのが良い。

修理してくれるとか。

そういうところで買って使い続けるのは、気持ちがいい。

気に入って、気持ちよく、大切に

付き合いたい。

気に入る物がなかなか見つからないので

買い物が、あー面倒くさい。というのも

「使いつづける」の理由の1つですが。



  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

こんなかんじでした。

一昨日の夕食の写真を送って貰いました。


dinner01.jpg

フルーツトマトと生ハムのブルスケッタ
を、写真撮る前に食べてしまったので、添えられた野菜だけ。



dinner02.jpg 

鰹とアボカドのカルパッチョ 山葵ソース
 


dinner04.jpg

栗と茸のリゾット/イベリコ豚のラグー パッパルデッレ


お友達のbarに寄ろう思ったけど定休日で。
まーいいや、眠いし。
禁煙になってて快適なタクシーで
乗務員さんと話しながら、楽しく帰りました。



meet.jpg

何故か一緒に送ってくれた
S君から貰ったイベリコ豚の塊を、Mがオーブンで焼いているシーン。
美味しかったらしいです。



今日は普通に仕事して普通に帰る日だし
電話で打ち合わせしたり、下絵を描いたり、清書したり
静かにやっています。

昼間gallery M2に行って
相談にのっていただいている事について、あれこれ話して
軽く現実逃避でリフレッシュ。
いろいろやることが多いと、1日がすぐ終わってしまう。
週末はオヤジ会です。


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

橋の上。

yuugata.jpg


さっき、歩いてきたところ。

5、6kmくらい歩いて、その間に

色々聞いたり見たり嗅いだりした。


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

今、晩ゴハンを、

Mと一緒に食べて、事務所に帰ってきたところ。

美味しかった。

プリマヴォルタ。

生ハムチーズとフルーツトマトのブルスケッタ
野菜にワインビネガーのサラダ
鰹の山葵ソースの、名前不明
イベリコ豚のラグー
栗と茸のリゾット
ワイン

カメラ持ってなかったので、写真なし。
後日、撮った写真を貰ったらアップします。

帰ってきて椅子に座るなり眠くなって
キーを打つ指があやしくなってきたので

今夜はこれにて。ごきげんよう。


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

現物入手。

staba.jpg


STARBUCKS COFFEEのエイジド スマトラ豆(写真左)

スタバ行ったらあったので、買い。

ちょっと前に店頭で見て、化粧箱が気になっていました。
east BOSSがblogで取り上げていらっしゃるのを見て
夜っぽい雰囲気、飲む場面やその部屋のインテリア
聴こえる音楽はどんなの?とか、色々想像して楽しめるかんじの
パッケージだな、現物入手しなければ、と思いまして。

詳しくは氏のblog参照。解説付き、写真もきれいです。

下半身が2つある妖怪人魚のドラマティックなイラストと
色使いにひかれて、写真右も購入。
お揃いのマグもあって、激烈に重く
残念なかんじでした。見た目はナイスでした。

さて、たまには仕事のことも。


engeki.jpg


新国立劇場が2006、2007年に収集した
国内の現代演劇ポスターコレクションの中に
私が制作させて頂いたものが入っていたそうで
同劇場の舞台美術センターにおける展覧会にて展示
及び図録に掲載されたので
これも現物入手。というか、図録を送って下さいました。
宣伝美術のデザイナー、フォトグラファーの中には
みんなが知ってるビッグ・ネームもいますー。
いいもの貰ったなー。と喜んで見ていますが
何度も何度もコレクションに入るように
次はもっとずっとカッコいいものをつくるように
頑張ろう!と、ひとりで誓ったりもしています。



  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

デザインで、時代や人を表すのねー。

kobyashi.jpg


ワタクシの聖書「SUN-AD at work」をめくっていると
小林麻美が登場!サントリーレゼルブの
「タノシイ マイニチ ニコニコ ワイン。」
「おさらが もらえる、なんとか ワイン。」
は、記憶に新しい1982-83年です。
その頃のことを、よく覚えてはいないけれど
その頃の空気というか、雰囲気をぼんやりとでも懐かしく
思い出させる、記憶の奥に残って消えない広告、さすがサン・アド。
右は私の愛聴盤、THE BEST 小林麻美。

彼女は歌は下手だが雰囲気は独特で美しく
曲提供も松任谷由実や大貫妙子など
良いところから受けているのですよ。PVも秀逸。
cryptographという名盤(と私は思っている)のPV集は
小林麻美ってお洒落で綺麗でしょー感を余す所無く伝える
スタイリッシュな映像と音楽が楽しめます。
最後の収録曲が終わるところが特にカッコいい。
ヘリコプターの静止画像で終わるんですけどね。
制作した松任谷正隆を私は、天才だと思いました。
今回いつにも増して、要らない情報満載ですが
懐かし過ぎて小林麻美を知らない人にはつまらない話なので
このへんで終わります。
要は、広告はその時代の顔なのだ
ということです。


maru.jpg


そして、MARU STUDIO、MARU FACTORYの作品の外箱。
MARUさんこと丸山正さんは着物の作家で
お着物を送る時の梱包のボール紙にも、たとう紙にも
ロゴの小さいシールを貼っています。
1度しかお目にかかったことがないけれど
話した内容は、制作の仕事をする人間にとっては印象的で
あああ、まさにそのとおりです、というものでした。
ロゴがじつに小さく入っていることも
丸山さんのされるお仕事に似合う、と感じます。

押し付けることなく、その人を表すデザインを
難しいかもしれないけど、そういうものをつくりたい。

ノーベル物理学賞を受けられた南部先生も仰っていました。
やさしいものばかりに向かわず
難しくても面白いと思うものを追求しなさい、という様なことを。

なんて言っていると自分でハードルを上げてしまうことに
なるので、これくらいで。

晩ゴハンとか昼ゴハンとか飲み会とかオヤジ会とか、最近多い。
そして本日、「TCG秋の集会」の招集がかかりました。
行かねば。
年内の仕事も、気持よく着々と終わっていく。


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

記憶。

creatures.jpg


今日は、某社の年末年始キャンペーンに向けて
ノベルティのパッケージ・デザインを数案

散歩して帰ろうと思っていたのに
雨に濡れた道路を走る車の音が聞こえる。
降りだしたんですね。

今日は快調。
年上の友人U氏が贈ってくれたThe Creaturesの
音を聴きながら仕事しました。
SIOUXSIE AND THE BANSHEESを率いる
スージーのグループで
空気が変わる、暗い情熱が沸くような・・・んー、表現が難しい。
まあ、とにかく、私は元気が出ます。
でもこれ聴いて元気になる人は、多くないと思われます。

U氏と一緒に働いたり遊んだりしていた頃を思い出す。
それはもう膨大な量の思い出があって。

今週も幾つもの思い出が出来て
来週も再来週も、幾つもの思い出が出来る予定がある。
すごいですね、人間の脳は。
多くの情報を記憶する。画像も音も匂いも雰囲気までも。

自分の意志できれいに削除するのは、結構難しいけど。



  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

「赤」展。

akaimono.jpg


Jurgen Lehlから、展覧会の案内が届きました。

「赤」展。at table gallery。

赤い草木染めの服、ジュエリー、手拭い、器
唐辛子、玄米・・・・・
ヨーガン・レールが出会った、自然と人による
「赤」い恵みの展覧会。

DMを送って下さったOさんにお電話すると
「宣伝してくれてるー?」と仰った。
もっちろんですー!!勿論してますが
ここでも宣伝しますね。
関係者じゃないけど、自信を持ってお勧めできます。
県外で開かれたのを、もう観てきたんです。

この世の中には無数の「赤」があることを、改めて感じ
自然から生まれた「赤」は何と力強く優しく美しいんだろう、と
私は感じました。

是非是非是非、皆さんもお出掛け下さい。
そして、何か買ったら見せて下さいねー。

10月11日(土)~18日(土)/10:00~17:00
会期中無休
高知市葛島1-9-24/tel.088-882-7030
テーブルギャラリー


近所のgallery M2では来週末から
安藤雅信さんの個展が開催されます。
安藤さんの繊細で美しい器を拝見できるのが楽しみです。
こちらについては、また後日。

安藤雅信個展
10月11日(土)~19日(日)/11:00~19:00
高知市はりまや町2-8-12/tel.088-885-4689
gallery M2



  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

いいカンジ。

boots.jpg


秋ですねー。
生き返るといいますか、これからどんどん寒くなっていくと
やがてもうすぐ私の季節
晴れても雨でも、たとえどす黒く厚い雲が垂れた空でも
それぞれに魅力的な景色を見て空気を感じる季節
冬がやっと、戻って来るんですねー。
よろこびのあまり訳のわからないことを書いてますねー。

ロングブーツを履きました。
夏でもずっとブーツは履いていますが
秋冬しか履けないロングブーツ。
乗馬ブーツ。歩くと金具がチャラッチャラ鳴って、気に入ってます。
そして黒いニットに黒いロングスカート。
大好きな黒黒黒、は、気分が落ち着いていいカンジ。

午後の打ち合わせもいいカンジで諸々決定して
疲れもとれるくらい、いいカンジです。


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2008年10月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。